Lyric

名もない目覚めを幾度繰り返す
運命の種も咲かせられずに
でも消えそうになる火を
両手で守ってくれた

生まれて初めて光に触れた日
逆らうことさえ正義に思えた
広い深い世界に今から行くけど
僕ら一緒にいて
どこまで行けるかな

羽ばたくように駆け出して行く
先へ進むほど風に乗って
見せたいんだ喜びの花を
未来はすぐに雲を作って
行く先にまた雨を降らすけど
構わない
僕らはまた火を灯して
何度でも夜を超えた

いつかまた今日の日を思い出し
種に水をやる 夜は明けても
ほら消えそうになる火は
両手で守らなきゃな

この先何かに初めて触れるとき
帰りたくなるような景色も見るだろう
色付く季節に別れを告げても
「君は一緒にいて」
いつか傍で聞けるといいな

太陽が消えて 風が針になり
誰かが嫌っても それでも咲かせたい
生まれて初めてあなたに会えた日
君は一緒にいて
それだけ思ってた

羽ばたくように空を走って
どこまでも行ける風に乗った
見せたいんだ喜びの花を
時代はやがて嵐を呼んで
行く先の景色を荒らすけど
構わない
消えないように火を灯して
冷め切った夜は越えた

Incoming search terms: